2007年10月15日

過剰摂取

大豆イソフラボンは、健康に対する効果が期待されていますが、サプリメントなどでの過剰摂取は避けましょう。
例えば閉経後の女性の場合、子宮内膜増殖症を起こしやすくなります。
さらに、妊婦や乳幼児にはサプリメントなどでの追加摂取は推奨していません。
生殖機能への影響があるといわれています。
通常の食生活以上での摂取は避けましょう。

【関連する記事】
posted by 大豆イソフラボン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過剰摂取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。