2007年12月15日

食事で

大豆イソフラボンを摂取するならまずは食事でとるようにしましょう。
目標は1日約30mg。
味噌汁なら6杯、豆腐なら1/2丁、納豆なら2パック。
これだけの量を摂取するのは難しいと思うかもしれませんが、1食は豆腐料理にしたり、厚揚げ、油揚げなど豆腐をバリエーションを増やしてみるのも摂取量を増やすことに繋がるのではないでしょうか。
posted by 大豆イソフラボン at 00:00| Comment(44) | TrackBack(5) | 大豆イソフラボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

平均摂取量

日本人を含み、アジアの人々は日常生活の中でさまざまな種類の大豆食品を食べています。
そのため、欧米人に比べるとおおく摂取しています。
平均的な一日辺りの摂取量は18mgでこの量は過去30年間でもほとんど変化がないそうです。
posted by 大豆イソフラボン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆イソフラボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

摂取量

大豆イソフラボンの一日の摂取目安量の上限は70〜75mg/日と言われています。
しかし、毎日長期間摂取する場合の平均値なので、たまたま摂取量が多い日があったからといってすぐに健康被害に結びつくことはありません。
posted by 大豆イソフラボン at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 過剰摂取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

含まれる食品

大豆イソフラボンは、大豆を原料とするほとんどの加工食品に含まれています。
豆腐・大豆・みそ・しょうゆなどに含まれていますが、食品の種類によりそれぞれ含まれる量は異なります。
豆腐ももめん、きぬごしなど種類により含有量は異なります。
posted by 大豆イソフラボン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆イソフラボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

男性にも

大豆イソフラボンは、メラニンの生成を抑えたり、更年期障害の改善、骨粗しょう症の緩和、乳がんの発生の抑制など女性への効果が注目されがちですが、男性の健康に対しても効果があります。
前立腺肥大・前立腺がんの抑制効果があります。
これは男性特有の病気でホルモン依存性のがんといわれています。

女性のみではなく男性にも大豆イソフラボンは優れた効果を発揮するのです。
posted by 大豆イソフラボン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 男女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

過剰摂取

大豆イソフラボンは、健康に対する効果が期待されていますが、サプリメントなどでの過剰摂取は避けましょう。
例えば閉経後の女性の場合、子宮内膜増殖症を起こしやすくなります。
さらに、妊婦や乳幼児にはサプリメントなどでの追加摂取は推奨していません。
生殖機能への影響があるといわれています。
通常の食生活以上での摂取は避けましょう。

posted by 大豆イソフラボン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過剰摂取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

大豆イソフラボンとは?

大豆イソフラボンとは、大豆の胚芽に多く含まれているポリフェノールの一種で、大豆の江組みをだす成分です。
女性ホルモン「エストロゲン」をよく似た効果を持っています。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンとは違い、働きが穏やかなのでフィトエストロゲン(植物女性ホルモン)と呼ばれているそうです。
副作用の心配はありません。
posted by 大豆イソフラボン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆イソフラボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。